国のリフォーム補助金を組み合わせて おトクにリフォームするチャンスです!住宅の省エネリフォームを支援する新たな補助制度が創設されました! 国のリフォーム補助金を組み合わせて おトクにリフォームするチャンスです!住宅の省エネリフォームを支援する新たな補助制度が創設されました!

上記2事業の補助対象が重複する場合、併用は不可。補助対象が重複する場合はいずれかの制度を選択して申請することになります。
本サイトの内容は2023年12月12日時点の公表情報をもとに作成しています。制度の内容は変更になる可能性もあります。
最新の情報は住宅省エネ2024キャンペーン事務局ホームページにてご確認ください。

子育てエコホーム支援事業子育てエコホーム支援事業

対象者・補助額上限

対象期間内に、対象となるリフォームを行うすべての方が対象です。
補助額上限について、20万円/戸ですが、下記のとおり条件に応じ、補助額上限が引き上げられます。
ただし、補助金の申請には、「開口部の断熱改修」、「外壁、屋根・天井又は床の断熱改修」、「エコ住宅設備の設置」のいずれかの工事を含み、かつ、合計補助額が5万円以上となるリフォーム工事が必要です。
例外として、「先進的窓リノベ事業」において補助申請が行われている場合は「子育てエコホーム支援事業」の合計補助額が2万円以上で申請可能となります。

世帯 既存住宅購入の有無 上限補助金額
子育て世帯※1
若者夫婦※2
既存住宅を購入して
リフォームを行う場合
60万円/戸
長期優良住宅の認定(増築・改築)を受ける場合 45万円/戸
上記以外の
リフォームを行う場合
30万円/戸
若者・子育て
世帯以外の世帯
長期優良住宅の認定(増築・改築)を受ける場合 30万円/戸
上記以外の
リフォームを行う場合<原則>
20万円/戸
※1
子育て世帯とは、申請時点において子(令和5年4月1日時点で18歳未満、すなわち平成17(2005)年4月2日以降出生の子)を有する世帯。
※2
若者夫婦世帯とは、申請時点において夫婦であり、令和5年4月1日時点でいずれかが39歳以下(すなわち昭和58年(1983)年4月2日以降出生)の世帯。

補助金の申請はお客さまではなく、補助金の事業者として登録されている工事担当店が行い、補助金をお客さまへ還元します。

対象期間

対象期間

2023年11月2日~2024年12月31日までに対象工事に着手し、工事を完了すること

  • ただし、担当店が当該事業の事業者として登録後に着工すること

申請期間

2024年3月下旬頃~予算上限に達するまで(遅くとも2024年12月31日まで)

  • 予算の執行状況により、早期に終了する場合がございます

補助対象内容・補助額

子育てエコホーム支援事業(リフォーム)では以下の①~⑧の工事が対象になります。
補助金の申請には、「①開口部の断熱改修」、「②外壁、屋根・天井または床の断熱改修」、「③エコ住宅設備の設置」のいずれかの工事を含み、かつ、合計補助額が5万円以上となるリフォーム工事が必要です。
例外として、「先進的窓リノベ事業」において補助申請が行われている場合は「子育てエコホーム支援事業」の合計補助額が2万円以上で申請可能となります。

対象
いずれか必須 ①開口部の断熱改修
②外壁、屋根・天井 または床の断熱改修
③エコ住宅設備の設置
任意 ④子育て対応改修
⑤防災性向上改修
⑥バリアフリー改修
⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
⑧リフォーム瑕疵保険等への加入

補助額詳細

※対象となる商品型式やリフォーム工事内容は担当者にご確認いただくか、事務局ホームページをご確認ください。

①開口部の断熱改修子育てエコホーム支援事業のみで申請する場合は①~③いずれか必須

「防犯性の向上」「生活騒音への配慮」「防災性の向上」による改修との重複申請は不可となります。
1箇所あたりの補助額×施工箇所数を補助額とします。

分類 大きさの
区分
ガラス交換※1 内窓設置※2・外窓交換 ドア交換
面積※3 1枚あたり
の補助額​
面積※4 1箇所あたり
の補助額​
面積※4 1箇所あたり
の補助額​
省エネ
基準レベル
1.4m²以上 11,000円 2.8m²以上 25,000円 開戸:1.8m²以上引戸:3.0m²以上 37,000円
0.8m²以上
1.4m²未満
8,000円 1.6m²以上
2.8m²未満
20,000円
0.1m²以上
0.8m²未満
3,000円 0.2m²以上
1.6m²未満
17,000円 開戸:1.0m²以上
1.8m²未満
引戸:1.0m²以上
3.0m²未満
32,000円
ZEHレベル 1.4m²以上 14,000円 2.8m²以上 34,000円 開戸:1.8m²以上引戸:3.0m²以上 4